2016

だがしかし|アニメを無料で視聴できる配信サービスを紹介

©2016 コトヤマ・小学館/シカダ駄菓子

この作品を見るのにおすすめのサービス

配信サービス 配信状況 月額料金 無料期間
見放題 400円 31日間無料
無料で見る
見放題 1990円 31日間無料
無料で見る
※本ページの配信情報は2020年9月25日時点のものです。

公式サイトはこちら

話数 12話
製作年 2016年
キャスト 枝垂ほたる:竹達彩奈
鹿田ココノツ:阿部 敦
遠藤サヤ:沼倉愛美
遠藤 豆:鈴木達央
鹿田ヨウ:藤原啓治
スタッフ 原作:コトヤマ『だがしかし』(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:高柳滋仁
シリーズ構成:高柳滋仁、加茂靖子
脚本:加茂靖子、浦畑達彦、横手美智子
キャラクターデザイン:神本兼利
音響監督:本山 哲
音楽:大隅知宇、信澤宣明
音楽制作:ポニーキャニオン
アニメーション制作:feel.

ストーリー

田舎町で駄菓子屋を営む父と暮らす男子高校生・ココノツ。そんな彼の前に突然、ゴスロリファッションに身を包んだ美少女が現れる。枝垂ほたると名乗る彼女は、大手菓子メーカーの社長令嬢で、ココノツに駄菓子の魅力や最高においしい食べ方を熱く語り出す。

「うまい棒」や「ポテトフライ」など、実在する懐かしの駄菓子が続々登場。「一番おいしい食べ方」や「最高の組み合わせ」などは、一度試したくなること間違いなし!

ココがポイント

つい駄菓子を買いたくなってしまう。

 

【ランキング】おすすめアニメ配信サービス

サービス/評判 アニメ
配信数
月額/無料期間 リンク

3300本以上 400円
31日間無料
公式サイト

3700本以上 1990円
31日間無料
公式サイト

800本以上 933円
14日間無料
公式サイト

540本以上 500円(年間4900円)/【学生:250円(年間2450円)】
30日間無料
公式サイト

1000本以上 960円
14日間無料
公式サイト

 

第1話 「うまい棒とポテフと…」「コーヒー牛乳キャンディとヤングドーナツと…」

漫画家になる夢を持つ駄菓子屋の息子・鹿田ココノツは、父・鹿田ヨウに店番を押し付けられ、漫画を描く時間を奪われてばかり。そんなある日、「枝垂ほたる」と名乗る少女が現れ…。(「うまい棒とポテフと…」)

第2話 「きなこ棒と生いきビールと…」「笛ラムネとめんこと…」

ココノツに駄菓子の魅力を披露しようと、きなこ棒の黄粉を零さず食べる方法があると息巻くほたるだったが、見事にむせて撃沈。さらに生いきビールで乾杯しようと言いだし…。(「きなこ棒と生いきビールと…」)

第3話 「ブタメンとくるくるぼーゼリーと…」「ボンタンアメとセブンネオンと…」

真夏日。ほたるに店のエアコンを切られたココノツは、なぜか豆も交えブタメンを食べることに。猛烈な暑さに意識朦朧のココノツは、再びエアコンをつけようとするが…。(「ブタメンとくるくるぼーゼリーと…」)

第4話 「ふがしとふがしと…」「グリコとグリコと…」

ココノツが店に帰ると、目隠しをして両手を縛ったほたるが床を這いつくばっていた。驚いたココノツが何事か問いただすと、ほたるは「利きふがし」勝負をしようと言いだす。(「ふがしとふがしと…」)

第5話 「ビンラムネとベビースターラーメンと…」「ヤッターめんとすっぱいぶどうにご用心!と…」

真夜中。ココノツは店内で謎の粉を取引するほたるとヨウを目撃する。粉の名前はビンラムネ。その美味しさゆえに、ヨウはビンラムネ中毒に陥っていた。(「ビンラムネとベビースターラーメンと…」)

第6話 「超ひもQとおはじきとときどきまけんグミ…」「ヨーグレットとココナツと…」

ほたるに呼ばれ、寺で“遊びを許された駄菓子”で遊ぶことになったココノツ、サヤ、豆。遊びの才能を発揮するサヤに、ほたるはある提案をするのだが…。(「超ひもQとおはじきと…ときどきまけんグミ」)

第7話 「夏祭りとほたると…」

夏祭りの前日、ココノツはもんじゃ焼きの屋台を設営するため、ヨウと神社へ来ていた。そこで偶然ほたるに出会い、もんじゃ焼きと駄菓子屋の深い繋がりを聞いたココノツは、彼女がお祭りに行ったことがないと知り…。

第8話 「超怖い話ガムと台風と…」

シカダ駄菓子で、ココノツ、ほたる、サヤに怪談話を聞かせる豆。悲鳴を上げるサヤとは対照的に、ほたるは全く怖がる様子がない。なぜなら話のオチを知っていたからだ。実はその怪談は、超怖い話ガムのお話だった。

第9話 「わたパチとうんチョコと…」

口内炎ができて元気がないほたる。ちょうど店に来ていたサヤは、口内炎の理由を駄菓子の食べ過ぎだと指摘するが、ほたるは「ストレス」「寝不足」と誤魔化し、その上、わたパチを食べるという暴挙にでる。

第10話 「駄菓子じゃねぇか!」

ここ数日ほたるが店に現れない。不審に思ったココノツは心配するサヤと一緒にほたるの家を訪ねることに。すると、インターホンを何度か押してやっと出て来たほたるは、マスク姿でフラフラ状態だった。

第11話 「コーラガムとヨウと…」

ある日、ココノツは何気なくヨウをスカウトしにきた理由をほたるに訊ねる。その理由を見せてあげると言うほたるに従い、ココノツはほたるとサヤと共に憩い場の段ボールに隠れてヨウの様子を観察することに。

第12話 「食べるんですHiとさくらんぼの詩と…」

橋の上でほたると“恋の味”について話していたサヤは、橋の下で“モテ道”を語るココノツと豆に気付く。男2人でバカ話をしていると笑うサヤ。だが、ほたるはココノツを見ると意味ありげな表情になり…。

-2016
-

© 2020 アニメ祭りはじめました